2015年8月29日(土)の黒潮会の懇親会場で、穴沢 勲さま(S37年卒・12期)から、戦前の旧・プール全景の映った写真をお借りしましたので、ここにご紹介致します。


1935年(昭和10年)に松沢一鶴氏設計のもと、日本初の浄化槽付プールと紹介されている、旧・プールの全景です。
プールは父兄の寄付で作られ、その後水泳部が管理しておりました。
手前には塀ではなく、網のフェンスが張られています。左端には観客席、右へ飛び込み台、さらに部室が見られます。


飛び込み台の一番下段には長い飛び込み板が見えます。飛び込み板のある写真は見た事が有りません。
飛び込み台には水球用のシュート板も無く、水球のゴールも見当たらない事から、恐らくプール建立当初の写真ではないかと推察します。


懐かしい部室です。1974年に解体されるまで、この部室が有りました。
戦後コンクリートの風呂が出来ましたが、煙突の位置からも、当初は別の位置に木製の風呂が有った事が推察出来ます。(部室の後ろの屋根は弓道場の屋根かと思います)
貴重な写真をお貸し頂いた穴沢先輩に、改めて感謝します!

※穴沢先輩より本日(9/1)お電話で連絡頂き、この写真について以下のお話しを伺いました。
穴沢先輩の現役当時(昭和35年頃)部室の建て替えが有り、部室の物を部員が手分けして自宅で保管した事が有ったそうです。
(一見、僕の知っている部室と何等変わりないと思いましたが、エントツの向こう側に有った部室の窓が、この写真には見られません)

当時屋根裏には部室に収まらない品々が置かれており、古い写真等も置いてあったそうです。
この写真もその1枚で、返し忘れ、どこかに紛れていたものを、偶然に発見したとの事でした。
穴沢先輩も、「これはプール竣工当時の写真ではないか」とおっしゃっていました。
 貴重なお話し、ありがとうございました。(2015/9/1 大石)
ここの写真と手紙を添えて昭和25年卒の小杉健二先輩にお送りしたところ、本日以下のお返事とお写真が送られて来ましので紹介します。(2015/9/18 大石)

---------------------<ここからコピー>---------------------
前略
プールの写真 結構な出来で良い記念になると思います。
プールは浅野財閥の寄付で当時有名だった松沢一鶴氏の設計で、浄化装置も飛び込みジャンプ台もついた白亜のプールで、日本で一番美しいと云われたものでした。
それが戦時中は軍隊に取り上げられ酒保(軍隊の食堂)のゴミ捨場になったり、軽戦車がプールサイドを走ったり、戦後は四月に入った水を換水すること無く十月迄使い、さらし粉や薬に頼る日々で、緑色の汚い水たまりになってしまい、飛び込みジャンプ台は格好の遊び道具になってしまいました。
詫摩氏や堀川氏の世話で換水が出来た嬉しさは忘れられません。
水球のゴールやブイは重宗氏の寄付でした。
風呂は部室の中に小さいものを作りました。他に風呂は知りません。
ですからプールは「僕等の物」と云う感覚でした。
今は新しいプールで活躍している現役も忘れないでいてくれると良いですね。これはそんなプールを写した一枚です。参考になれば嬉しいと思います。

早々

---------------------<ここまでコピー>---------------------

僕からの手紙で、「エントツが見えるので木製の風呂が有ったのでは」と書いた事への返事として、戦後のコンクリートの風呂以外は知らないとの事でした。このコンクリートの風呂は小杉先輩のご尽力で作られたものだと思います。以下、同封されていたお写真です。

懐かしい写真をお貸し頂ける方はux5t-oois@asahi-net.or.jp(24期大石)までメールでご連絡下さい