コーチ

Coaches

特別顧問

角田篤俊(35期)社会人

コーチ(85~89年)、監督(13年〜15年)

スイミングのプロコーチとして活躍の中、本校の選手だけでなく学生コーチの指導も担当している。元インターナショナルコーチ、上級コーチ。

好きな言葉は『Faster than yesterday!!』


監督

藤本竜汰(60期)中央大学経済学部卒 社会人

コーチ(10年)、ヘッドコーチ(11・12年)、監督補佐(13・14年)、特命コーチ(15年)、副監督(16年)、監督(17年)。

都大附生最後のヘッド経験者。タテのつながりを意識した選手・コーチの育成がモットー。自動車メーカー勤務。


副監督

中森真輝(63期)電気通信大学 修士1年

ヘッドコーチ(13年)、コーチ(14〜16年)、副監督(17年)

1年目からヘッドを務め、練習メニューや技術指導を改革。指導には定評がある。副監督としてコーチと選手を支える。


ヘッドコーチ

米田航(65期)早稲田大学スポーツ科学部3年

コーチ(15・16年)、ヘッドコーチ(17年)

フィンスイミング、水泳を現在も続け選手をしながらコーチをしている。大学ではスポーツ科学を専攻。


コーチ

 野口弘陽(64期)明治大学4年

コーチ(14・15・17年)

明るい性格の持ち主で、部員の士気を向上させるのが得意。現役時代部長を経験しており、現役からの信頼も大きい。


コーチ

関根海(66期)早稲田大学創造理工学部2年

コーチ(16・17年)

現役時代は部長を務め、先輩後輩から頼りにされる存在。大学でフィンスイミングをしながら、母校のコーチとして優しく厳しく指導している。


コーチ

 牧平顕也(66期)東京工業大学第5類2年

コーチ(16・17年)

物事を深く考える力を水泳に生かして指導できる理論派コーチ。都大附出身のコーチから学んだ理論を発展させて指導している。


アシスタントコーチ

 佐倉玲(66期)慶應義塾大学1年

コーチ(17年)

現役時代はバタフライの選手として活躍。後輩の面倒見が良く、女性選手からとても慕われている。アシスタントコートとして現役選手だけでなく、マネージャーのサポートにも務める。

スタッフ

Staffs

 

16校運営委員

今井愛実(67期)

16校役員

佐野智紀(65期)

佐藤航(66期)

都立大戦、桜修館戦実行委員

佐野智紀(65期)

伊東菜緒子(66期)

木上航(66期)

黒潮会幹事

副会長

久永 拓也(57期)

幹事  

中森真輝(63期) 

森畠春香(63期)

松下拓矢(63期) 

米田航    (65期)